FC2ブログ

一夜限りの人妻(2)

一緒にシャワーを浴びると、俺の前に膝立してフェラを始めた。
フェラをしている間、俺は右足の親指でクリとマンコに当て、左の親指をアヌスの入り口に当てm両足を前後に交互に振動させていた。
フェラをしながら途中「ぁッぁッ」と言って、チンポを咥えたまま何かを耐えるようにじっと動かなくなる。
俺の足の振動に感じ始めているのは、咥えているチンポへの吸い付きが強くなるのとマン汁の濡れ具合でわかる。
俺も、そのときは足の動きを止める、するとじっとしていた元人妻咥えているチンポへの奉仕を再開する。
それを何度か繰り返していると、とうとう耐えられなってとうとうチンポを吐き出し、俺の下半身に抱き着き、自分から腰を前後に動かし、「イカせて・・・ください」と俺を見上げていう。
俺の右足の甲にマンコを足のすねにクリを押し付けるように腰をスライドさせ、「アッ、ァッ、アッ~~」と甲高い声を上げると頭を仰け反らせ、股間から飛沫を飛ばして、ガクガクと身体を震わせながら俺の下半身に縋りついた。

でも、俺はまだイってない。。。
しばらく元人妻をそのままにしていた。
やがて、元人妻はペタンと尻もちをついて荒い息をしながら俺の下半身に頭を寄せた。
そうやって息を整え始めた。
息が整ってくると、はにかんだ顔して俺を見上げる。
俺は黙って、元人妻の唇に俺のチンポを当てた。お
元人妻は素直に口を開きチンポを咥え、フェラを再開した。
そうやって、数回元人妻を絶頂に導いてから、ベッドに連れて行き。

自分の両手で両足を開かせ、マンコの入り口にチンポを当て、じわりじわりと入れたり出したりしながら、少しづ挿入しる深さを増していき、最後は一気に根元まで突き刺した。
乳首を摘まむと短く悲鳴をあげて上り詰めた。

アヌスにローションをたっぷりかけて、バイブを挿入し、抱き上げて対面座位の体位でより深くチンポを挿入し、アヌスバイブのスイッチを入れた。

人妻の腰を前後に動かすたびに、元人妻は「あ~ッ、お~ッ、ウゥッ」と感じまくっていた。
元人妻は、「だめぇ~、いっちゃう!!」と口の橋に涎を垂れ流しながら懸命に耐えている。

左手で乳首をいじると、驚いたような顔で「ハッ、ハッ」と口をパクパクさせて、跨いで宙に浮いている両足をブルブル震わせて、「いッ、ぃぃぃっつ」といいながら、俺の胸に上半身を突っ伏してきた。

口からはよだれが糸を引き、そそる表情になっていた。
アヌスのバイブを引き抜き、元人妻を仰向けに寝かせ、俺は腰を前後にゆすたっり、時々恥骨を押し付けては恥骨で円を描いたりした。

そのまま、しばらく続けていると、それまで切れ切れだった喘ぐ声が、切れることなくつくようになった。

いつもなら冷静に女の様子を見て、頃合いを見て外出しをするのだが・・・・
今日の何とも言えない人妻のよだれまみれの表情に「外出しはしたくない、このまま・・・」と言う悪魔の声が。。。。。
とは言っても、俺は子供が作れない身体だから、別に中出ししても問題はないのだが。。。。
それでも、外出しをしようとタイミングを計っていたんだが、突然「ピルを呑んでいるから。。。」と言う人妻の言葉を思い出し、ならばと俺は元人妻の奥深くにチンポを挿入したまま、思い切り中にだした。
元人妻は甲高い嬌声を上げると、背中を反らし、頭を後ろに仰け反らせ、両足を俺の腰にしっかり絡めて、何度も痙攣を繰り返しながら、上りつめたまま。。。。
しばらくその姿勢でいたが、やがてどっとシーツの上身体を落とし、そのまま静かになった、
顔をみると、涙と涎手尾鼻水でグチャグチャだった(笑)
 
俺は腰に絡められた元人妻の両足をほどくとチンポを抜き、失禁して失神している元人妻の股間と俺のチンポをティッシュで始末し、バスロームに行ってタオルをお湯に浸してきつく絞ったタオルで人妻の顔やマンコんなど身体を拭いてあげた。
拭いてしばらくすると、息を吹き返した。
俺の顔を見ると、顔を真っ赤にして俺に縋りついて火照った顔を俺の胸に押し付けてきた。
俺は黙って縋りついてきた来た人妻の背中をさすってあげた。
 




スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

Author:smkazuma
FC2ブログへようこそ!

実体験を妄想小説にして書いています。

あなたに官能的な刺激が与えられましたら、幸いです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR