FC2ブログ

「ほんと器の小さい男だなぁ」と辟易する。

女性の悩みの中には相手の男性のことで相談を受けることも有る。
そういうとき、「ふ~ん、じゃ一度その男がどんな男か観察させてもらっていいかい?」と言って、逢う場所とか時間とかを決め、女性が男性に振る話の内容とかをある程度決めて、当日2人が逢う場所に、30分くらい前に行って待っている。
彼女のバックにボイスレコーダーを仕込ませてね。

で、俺は何気なく他人を装って2人の話しを聞いているんだけどね。
聞いているうちに段々と相談者の女性が可哀想になってくる。
で、俺は自分のスマホの着信音をならし、あたかもかかってきたかのように振る舞って、会計を済ませて表に出る。
これが事前に決めていた「そろそろ適当に話しを打ち切って表に出てきなさい」って合図なんだ。
で、俺は先に外に出てタクシーを捕まえて待っている。
事前の取り決めで、店の窓から外が見える場所に座るように言ってあるので、窓から俺が車を捕まえたのを確認したら、席を立って表に出てくる。
その彼女を載せてその場を離れる。
男が会計を済まして出てきたときには、彼女の姿はない。
で、彼女から男に下書きしておいた「別れるメール」を送らせる。
 
まぁ、男からはひっきりなしにメールやLineや着信が入るけどガン無視させる。
あまりうるさいと着拒にさせる。
  
世の中には、メンタルが弱くて打たれ弱いくせに、プライドが高くて逆ギレする男っているよね。
自分はやるのに、やられたら文句言うやつね(笑)
 
自分に関係無いと分かっていても、そういう男を見ていると「ほんと器の小さい男だなぁ」と辟易する。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Author:smkazuma
FC2ブログへようこそ!

実体験を妄想小説にして書いています。

あなたに官能的な刺激が与えられましたら、幸いです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR