FC2ブログ

離婚するときは、どっちが有責配偶者かを考えて冷静な対応をされた方がいい 。

離婚するときは、どっちが有責配偶者かを考えて冷静な対応をされた方がいい 。
配偶者の浮気は浮気したパートナー有責なので問題なく慰謝料が取れます。
 
ただし、浮気相手や浮気配偶者への「罵倒、恐怖」を与えるなどの行為は、離婚とは別に 「人前で罵倒:名誉毀損 」「恐怖を与える:恐喝」という罪に当たる恐れがあるのでしてはいけません。
 
慰謝料等の金額は浮気相手の経済状態によりますから、源泉徴収表などの公的書類をもって経済状態を確認するようにしたほうがよい。
その場合、素人が単純に協議離婚をすると金の面でいろいろ問題がでてくるので、弁護士を通じて行うようにしたほうがよい。
 
また、子供がいる場合で親権を取った場合、相手に面接交渉権だけはありますから、 完全に隔離することは不可能と言うこともお忘れなく。
離婚における親権の問題は後々大きな問題となることが多いの慎重に事を運ぶ事をお忘れなく。

ここで大事なことは、協議離婚の場合は必ず協議内容を公正証書にして、 その後の離婚届提出にしないと、後から約束を反故にされます。
もはや離婚することには争いがないようですから、慰謝料と面接交渉を、関係者全員で必ず話し合ってください。
離婚届を出すまでが勝負です。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Author:smkazuma
FC2ブログへようこそ!

実体験を妄想小説にして書いています。

あなたに官能的な刺激が与えられましたら、幸いです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR