FC2ブログ

「このかた。男性恐怖症なの・・・」と紹介された。

「このかた。男性恐怖症なの・・・」と紹介された。
「これから、お仲間に入ってもらおうと思うんだけど、カズマさん、いいわよね」と続いた。

女性が「いいわよね」と言う時は、「あなたの意見は聞いてない」と言う意思表示に近いから黙っているに限る。

「だけどさ、男性恐怖症って・・・・、還暦は過ぎているけど、一応俺だって男だよなぁ・・・・」と胸の中で呟く

で、その女性がトイレに立った時、聞いた。

「何で俺なら構わないわけ_?」
「(^ー^* )フフ♪ん」と微笑んでいるだけ

「嫌なの?」
「イヤ、そういうわけじゃ・・・」
「だめなの?」
「イヤ、そういうわけじゃ・・・」
「じゃ、いいのね」
「え?だから・・・」

そうこうしているうちに、その女性が席に戻ってきた。
すると、「ハィ、決まり。今日からあなたは私達の仲間よ」だって

勝手にしてくれ!!って感じだね。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Author:smkazuma
FC2ブログへようこそ!

実体験を妄想小説にして書いています。

あなたに官能的な刺激が与えられましたら、幸いです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR